ニャン子先生のタオルジプシー

各種漫画・アニメの「ニャンコ先生」とは関係ありません

最低限の旅支度 夏のヨーロッパ編

夏のヨーロッパ1ヶ月の旅をしてわかった、最低限の荷物。
手荷物サイズのキャリーでも十分おさまります。 
最低限の荷物なので、必要に応じて足しましょう。
私は、下記+スカートやワンピース+化粧品も持っていきます。

 

★服 2日分★

お風呂や洗面台で洗うことを前提に、初日に着る分も含めて服は2日分。暑い日(最高気温30度)にも肌寒い日(最高気温20度以下)にも対応できるように。湿度は低いので、うまく干せば一晩で乾くし、化繊はもっと速く乾く。

 

☆下着☆

・ブラ&パン 2組

・おりもの用布ナプ 2組

・ 靴下 2足

・暑い日のインナー(エアリズム半袖、タンクトップ等)2枚

・寒い日のインナー(ヒートテック長袖&長スパッツ)2組

・パジャマ 1組 ← 全裸睡眠の人は不要

 ☆トップス☆

・ドライカットソー(半袖) 2枚

☆アウター☆

・マウンテンパーカー 1枚 ← 雨風しのげるもの

・ウールの厚手の上着 1枚 ← 夜寒いときに

☆ボトムス☆

・ズボン 1本 ← 飛行機には緩めズボン推奨

☆靴☆

・晴雨兼用の歩きやすい靴 ← 完全防水 or 濡れてもすぐ乾く。石畳も歩きやすいもの

・ビーチサンダル ← ホステルならシャワーで必須

 

★日用品★

・サングラス ← 眩しいので必須。私は帽子も被る(ただし目立つ)

・手拭い ← ハンカチにもヘアバンドにもランチョンマットにもなる。洗えばすぐ乾く。

・黒ボールペンと赤ペン ← 地図に書き込むなどで赤ペンが活躍

・メモ帳 ← スマホに頼るのは危険。アナログな準備も必須
 これは書こう・・・宿と日本大使館への地図と連絡先。カード紛失の際の電話番号。

・石けんと石けん箱 ← 洗濯に必須

・歯ブラシと歯磨き粉 ← ホテルにはない

・シャンプー ← 共用バスルームの宿にアメニティは無い

・爪切り ← 爪やすりにして手荷物にしても良い

・速乾タオル ← ホテルなら大抵あるが念のため

・ポケットティッシュ

・リップクリーム

・乳液 ← 乾燥している。顔には慣れたものが良い。クリーム類は現地調達可

・常備薬 ← 痛み止め、胃薬、絆創膏など。現地のは強すぎるらしい

・スプーンとフォーク ← キャンプ用品のコンパクトなものが好き

 

★貴重品★

・鞄 ← スられにくいもの

・パスポートとパスポートケース ← 服の下に着用できるもの推奨

スマホ ← SIMフリーなら、海外SIMを買っておくと便利。フリーWi-Fiも多い

・財布 ← スリや置き忘れを防ぐため、チェーンや紐で鞄等にくっつけておく

・クレジットカードかデビットカードを2枚
 ・・・支払いはもちろん、多くのATMで現地通貨を出せる。これがあればトラベラーズチェックも両替も要らない。カードは磁気故障等で使えなくなることがあるので、予備は必要。できれば違う会社の2枚(VISAとMASTERなど)を用意すると良い。