ニャン子先生のタオルジプシー

各種漫画・アニメの「ニャンコ先生」とは関係ありません

旅行鞄

今週のお題「カバンの中身」

 

f:id:catandtowel:20170820051304j:image

1ヶ月にわたる夏休みが明日で終わる。

f:id:catandtowel:20170820060909j:image

ホステルのシャワーではサンダルが活躍したし、洗った服は洗濯ロープで乾かした。黄色と赤の「BILLA」はスーパーマーケットの袋で、今は洗濯物入れ。ペンケースが壊れたので、代わりに水色のファスナーバッグを買った。晴れた日が多くて、麦わら帽子が活躍した。

f:id:catandtowel:20170820060059j:image

荷物の上にストールを乗せ、ベルトを締める。

f:id:catandtowel:20170820062220j:image

20年前に旅行先で買ってきた。修理しながらまだまだ使える。

f:id:catandtowel:20170820063608j:image

最後の最後でロストラゲッジになりませんように。

f:id:catandtowel:20170820061244j:image

広告を非表示にする

70万時間をぼんやり過ごす

1日24時間で、一年が365日、人生は80年だとする。

24時間×365日×80年=700,800

で、人生はだいたい70万時間。

 

プロの流れ者(?)坂爪圭吾のブログには「70万時間TV」との言葉がよく出てくる(まずは自分を救え。 - いばや通信)。何で70万時間かと思ったら、人生約70万時間だからだ。体ひとつをメディアに、何を無くすことも恐れず生きていてかっこいい。

 

プラハからニュルンベルクに向け、高速バスの旅をした。途中の停留所では、ハンブルグに行きたいらしいおじさんが、何か都合で運転手に相談をしてきた。運転手はおじさんが何かを諦めるまで15分ほど待っていた。特に腹は立たない。乗客も特に怒ってない。そもそも始発の時点で10分ほど遅れている。

窓の外の空は、雲が青空より少し多いくらい。道路脇は牧草地になったり森になったりする。眼に映る70万時間TVをぼんやりと眺めている。